タグ :

目指せ夏は涼しく冬暖かい家

私が住んでいる地域は盆地で、夏の暑さは厳しく冬はとことん寒いです。そんな地域に住んでいる私たち夫婦がマイホームに望むことは夏は涼しく、冬暖かい家であることです。
高気密・高断熱住宅にするのはもちろんのことですが、住宅の窓に我々は注目しています。

二枚の断熱ペアガラスを用い、その間に熱伝導の小さいアルゴンガスを入れた窓ガラスがあります。太陽光を通し空間を明るく演出してくれますが、太陽熱を吸収してくれるのです。日差しをたくさん取り入れることができながら、外からの暑さは遮り、冬は室内の暖かさを外に逃さないのです。このような窓ガラスを用いることで冷暖房効率を高めることも期待できます。
紫外線もしっかりカットしてくれるので皮膚トラブルや日焼け対策にも一役かってくれるのです。紫外線でカーテンやカーペットが色あせることがなくなるので嬉しいですね。窓ガラスも重要ですがサッシの機能性にも注目して選ぶといいでしょう。

以前は住宅に使われるサッシはアルミサッシがほとんどでした。しかし最近では樹脂サッシや木製サッシが人気を高めているのです。私は特に木製サッシに注目しています。この木製サッシはアルミサッシに比べ大変断熱性能に優れています。これは樹脂サッシよりも高い断熱性と言われています。断熱性だけでなく気密性や水密性にも優れているのです。機能性に優れているだけでなく、木の表す質感や温もりは和室でも浴室でも調和が取れやすいのではないでしょうか。
夏は涼しく冬は暖かい家を目指すのであれば窓にも注目した家造りをする必要がありそうです。