タグ : 玄関

シューズクローク

玄関の横に当たり前のように設けられるようになったシューズクローク。玄関を美しく保つためにはシューズクロークの存在が重要となってきます。我が家はシューズクロークの収納力と動線に注目して設けました。シューズクロークの収納力を高めることで玄関部分に靴箱を設ける必要がなくなります。靴箱のない玄関はスッキリと広々とした空間が広がり、行き来のスムーズさに繋がります。

シューズクロークにはL字型に可動オープン棚を設けておきます。家族の靴を大容量に収納しておくことができますし、オープン棚なのでどこにどの靴があるかが一目で把握でき、出し入れもしやすいのです。ここには靴を収納するだけでなく、屋外で使用する子ども達のおもちゃを整理したり、アウトドア用品なども棚に整理しておくことができます。下部にはハンガーパイプを設け、傘やボールなどを吊るして整理しておくのです。

そして、土間収納スペースも確保しましょう。土間収納があれば屋外で使用して汚れていてもサッと片付けることができます。三輪車やゴルフバック、部活用品など土間収納に片づけられれば玄関の美しさもしっかりと保てます。このように収納力のあるシューズクロークを設けると同時に、ここから室内へとスムーズに出入りできる動線を確保しておきます。

ここを家族用の玄関として利用すれば、屋外で使用した物をしまい、履いていた靴をしまい、そのまま室内へと入ることができます。物や靴を片付けると同時に室内へと入ることができるため、メインの玄関部分には靴や物が散らからずスッキリとした空間が広がるのです。ここにはベンチを設置し、靴の脱ぎ履きがよりしやすいようにしておくのもいいでしょう。シューズクロークを設ける際には収納力と動線がポイントなのです。

玄関の快適性

玄関の快適性を高めるには玄関収納が大きなポイントとなります。玄関は住まいの顔とも言われる部分なので、脱ぎ散らかした靴や屋外で使用した物が玄関に置きっぱなしになっていては玄関が台無しです。そこで最近では玄関横にシューズクロークが設けられるのが主流となっています。靴や傘を収納するのはもちろん、屋外で使用する小物から大きさのある物までしっかりと収納できるシューズクロークが求められるようになってきました。

我が家は玄関スペースと同スペースの玄関収納を設けました。シューズクローク内にはL字型に可動オープン棚を設けました。ここには家族の靴を大容量に収納できています。どこにどの靴があるかが一目で把握できますし、オープン棚なので出し入れもしやすいのです。棚には靴だけでなく、工具や子どもの屋外用のおもちゃ、アウトドア用品なども整理できています。

棚の下には土間収納スペースがあり、ベビーカーや三輪車、旦那さんのゴルフ用品などを収納できています。土間収納スペースがあることで屋外で使用して、汚れているままでもサッとしまうことができるので便利です。そして、このシューズクロークからそのまま室内へ入れるように動線を確保しました。この動線を得たことで靴や物をしまってからスムーズに室内へ入れるため玄関部分に靴や物が散らかりにくくなったのです。

シューズクロークの収納力があるため玄関部分には靴箱など余計なものは何も設けていません。ただ靴を脱ぎ履きする際に便利なベンチを設けているだけです。玄関の快適性を高めることができ住まいの第一印象もいいものとなっています。