タグ : 注文建築

土地が決まったら・・・

晴れて土地が決まったとします。

そしたら、次の段階は住宅の設計ですよね。

ここでは仮に、注文建築に決めたとします。

注文建築の醍醐味はなんといっても住宅を自分の理想により近い形で構築できるという点ではないでしょうか。

昔と違って最近の住宅は細かく部屋を区切らないオープンなスタイルが増えてきています。

いくら経済が発展している日本とはいえ、所詮は小さな島国。アメリカのように広大な面積があるわけではないですね。限られた土地に1億2千万人以上もの人が暮らしている日本では誰でも容易に庭付きの広い土地に住宅を構えられるわけではありません。

その点、限られた土地を有効利用する集合住宅は合理的です。建築技術が進んだ現在では軒並みタワー型マンションの建設が急ピッチで進められています。

そんな中、単独で土地を所有し、自分たちの案やアイデア、理想を盛り込んだ住宅に住める贅沢をしてみるのもよいものです。

賃貸暮らしから持ち家暮らしへと転換期を迎えようとするその時、選択枠として注文住宅を建てることを視野にいれてみる。

誰しもひとつくらいは住む家に対する理想というものが必ず存在するものです。その理想を現実のものとして形づけられたら。抑制され我慢をしいられてきた思いは一気に開放され、生活がより楽しくなること請け合いなしです。

たとえ狭小地であったとしても持ち家に住めるということは特別な意味を持ちます。限られた面積であればオープンスタイルで設計を考えていけば思った以上の空間の広がりを得ることも可能なのです。

資金面で注文住宅を諦める必要はありません。分譲マンションや戸建住宅と変わらない資金で建てることができる時代だからです。
施主支給のネットショップで建材やサッシの価格を調べたり、あらゆる情報を入手する努力さえ怠らなければ、注文住宅を建てることは決して夢物語ではないのですよ。