タグ : 収納

収納への満足度

家造りにおいて大部分の人が収納に注目して家造りを進めていくことと思います。収納とは、大型の収納スペースを一つ確保しておけばいいというわけではありません。必要な物が必要な場所できちんと揃うこと、そして収納している物が把握しやすく、出し入れがしやすいことが求められます。加えて動線に沿った収納というのも大事です。スムーズな動線で必要な物を管理することで、住宅内の無駄な動きがなくなり暮らしやすさに繋がります。

例えば、玄関から洗面室までの動線上にウォークスルークローゼットを設けます。帰宅して、洗面室へ手洗いや部屋着への着替えを行う前に、外出先で着ていた上着をしまい、カバンを整理できるクローゼットがあると身軽な状態で手洗いを行え、サッと部屋着に着替えることができます。後はその先のリビングでゆったりとくつろぐことができるのです。一度リビングへ入り、クローゼットへ行き上着やカバンをしまい、洗面室へ手洗いへ行くという流れでは動線が長くなりますし、住宅内を行ったり来たりしなければならずスムーズさに欠けます。

また、洗面室など収納不足に陥りやすい場所は、床から天井まで余すことなく収納スペースとして利用できるように家具を造り付けるのです。家具を造り付けることで建物にピッタリに家具が納まり、見た目の印象もスッキリしますし、デッドスペースを生むことなく収納スペースをしっかりと確保できます。隙間がないのでお掃除のしやすさも高まります。デッドスペースを生まず収納力をアップするには造り付け家具は最適です。このように収納への満足度を高めるには動線やデッドスペースをなくすことが大事なのです。

外部収納のある家

外部収納に注目して家造りを行う人がどれくらいいるでしょうか。多くの人が、後から外部収納のことを思い出し、庭やカーポートに外用物置を設置することと思います。室内の収納を充実させることも大事なのですが、それと同じくらい外部収納にも目を向けてほしいと思います。室内に収納することができないものも多いだけに、屋外で使用するものがきちんと管理できる環境を整えておきましょう。

そこで住宅内に生まれるデッドスペースを利用して外部収納を設けてみるのはいかがでしょうか。階段の下に生まれるデッドスペースは日用品や掃除機などを収納するスペースとして利用されることも多いです。このデッドスペースを外部収納として利用するのです。屋外で使用するものを収納するので、外から物が出し入れできるようにドアを設けておきます。真ん中部分には棚を設けておき上部にデッドスペースが生まれないようにしておくといいでしょう。

アウトドア用品や工具、灯油、寒い地域ではスタットレスタイヤや雪かき用スコップなどを収納しておくことができます。これらのものを車に積んだり、出したりすることもあるためカーポートから外部収納の動線にも配慮しておきましょう。この動線が長いと荷物の搬入や搬出がしにくくなり使い勝手が下がってしまうのです。外部収納としてだけでなく、室内からも入れるように動線を確保するのもいいでしょう。日用品や掃除機を収納するスペースとして利用することもできます。お米の備蓄庫としてもいいでしょう。外から搬入し、室内から補充できるため効率がいいのです。室内の収納だけでなく、外部収納も充実させ収納への不満をなくしたいものです。

玄関収納

玄関は住宅の顔とも言われる部分です。それだけに常にきれいでスッキリとした空間を維持したいものです。最近では玄関の横にシューズクロークの存在は欠かせません。最近では玄関スペースの広さよりもシューズクロークの収納量を重視する家庭も少なくありません。我が家の新築住宅にも玄関横にシューズクロークを設けました。シューズクロークと言っても靴や傘を収納するだけではありません。外で使用する物も収納しておける土間収納スペースも設けておくと玄関周りがスッキリと片付きます。

玄関周りに散らかりがちな子ども達の外用のおもちゃや三輪車、ベビーカーなどつい玄関やポーチ部分に置きっぱなしになりがちです。これらをシューズクロークの土間収納部分に収納するのです。外で使用して汚れたままの状態でもサッと収納することができるので土間収納は設けた方がいいと思います。天井にまで広がる可動オープン棚には家族の靴を大容量に収納しておくことができます。どこにどの靴があるかが一目で分かるのは嬉しいものです。

また我が家は旦那さんのゴルフ用品の収納場所に頭を悩ませていました。この玄関収納を設けたことでここにゴルフ用品を収納でき、ゴルフへ出かけるのも今までより格段に楽になったと言います。住宅の第一印象を決める玄関に物や靴が散らかると印象を台無しにしてしまいます。物や靴がきちんと片づけられるしょうに玄関収納を充実させることを優先して考えましょう。我が家はこの玄関収納から室内へ入れるように動線を確保しました。物や靴を片付けそのまま室内へスムーズに入れるので便利さを増しています。

実用的な玄関収納

住まいというのは、基本的な間取りというものがあります。また、最低限必要なものもあります。しかし、家族の生活習慣や生活パターンによって、住まいの間取りには個性も出ます。
かつて、日本の伝統的な住まいの間取りの中で、当たり前のように採用されていたものが、住まいの洋風化の中で、しだいに廃れてしまったものがあります。
それが、通り土間であり、縁側です。最近、それらの通り土間や縁側が見直されてきました。

私の友人が住まいを新築した時、住まいの南側に玄関土間から真っ直ぐ、通り土間を作りました。住まいの南側には、庭が広がり、その南には自家菜園用の畑が広がっています。
この吹き抜けの通り土間を作ることで、畑や庭側からも簡単に出入りすることができますし、通り土間の突き当たりにあるバスルームにも直接行くことができます。

自家菜園には、自宅用の野菜だけでなく、ハーブも植えました。
彼女は、料理やお菓子作りが大好きでしたので、ママ友達を招いて、ランチをご馳走したり、御近所の農家の人と野菜を交換したりします。
そんな時、ママ友達やご近所さんは、通り土間の掃き出し窓から声をかけて、出入りします。子ども達もペットの犬達もここから出入りすることが多いです。

住まいを新築した時、玄関土間の北側にシューズインクロゼットを作り、家族の靴や傘などを収納しました。これで、すっきり玄関周辺が片付くと思っていましたが、実際に生活を始めていくと、住まいの出入り口に玄関を利用することが少なく、想像していた動線とは違います。
そのため、靴などをシューズインクロゼットに収納するというのは便利なのですが、出し入れするのには、かなり不便です。
もう少し、出入りの動線を考えて、実用的な収納を考えていけばよかったと思ったそうです。

そこで、通り土間の壁面に、シューズを収納する棚をつくり、雑然感が出ないように、引き戸をつけた新たな収納を作りました。

シューズクローク

玄関をスッキリとさせるには玄関横にシューズクロークを設けるのが一番です。
最近では玄関スペースに靴箱を設置するよりも、玄関横にシューズクロークを設けるスタイルの方が主流となってきています。

私は玄関スペースよりもむしろこのシューズクロークを充実させた方がいいとも思っています。収納力のあるシューズクロークにすることで玄関スペースが広々としていなくても靴箱がなく、靴や物が散らからない玄関であればスッキリとして例え狭くても全く圧迫感を感じないのです。
このシューズクロークは靴や傘だけの収納するのではなく、リビングで使用する物まで収納しておけるようにするのもいいと思います。

またちょっとしたクローゼットとしても活用できるようにしておくと便利で使い勝手のいいシューズクロークとなるのです。
可動棚で用いて天井まで広がるオープン棚には靴を大容量に収納するのはもちろん、リビングで使用するけど使用頻度の低いプリンターや雑誌や新聞を整理する場所として活用するのもいいと思います。
着ていた上着を掛けて収納できるようにしておけば、帰宅して靴を脱ぐのと同時に上着もその場に掛けて収納できます。
また持ち歩いたカバンもこのシューズクローク内の棚に置いたり、掛けて収納できるようにしておけば、リビングに物が散らからず便利なリビング収納としても重宝するのです。

また外で使用するベビーカーや自転車などもシューズクローク内しまえように土間収納スペースもあると便利です。
玄関のきれいさを維持するにはまずはシューズクロークを充実しましょう。