タグ : ニッチ

ニッチのある家

現在建設中の我が家はニッチをできるだけたくさん設けました。キッチンの前には造作カウンターを設けました。カウンターを設けることで、キッチンの手元部分を隠すことができるので、LDKの一体感は維持しながらも、汚れているキッチンをダイニングやリビングから見えないようにしたのです。

またこのカウンターを設けることでキッチン側には調味料入れのニッチを設けることができました。ニッチ内に調味料をしっかり収納しておくことで、作業スペースを有効的に活用できるようにもなります。
そして軽食を食べたり、パソコンができるようにカウンターデスクを設けました。キッチンのサイズいっぱいのカウンターにせず、カウンターを短くしました。残りの部分には飾り棚としてのニッチを設けました。こうすることでダイニングやリビングを華やかにすることができます。

そしてリモコンニッチを設けました。インターホンモニターや給湯スイッチ、太陽光モニターに電気スイッチと壁に設置するものが多いです。これらをスッキリとさせるためにはリモコンニッチを作りその中にきちんと収めると、ごちゃごちゃした印象をなくせます。

リモコンニッチの上部と下部にはお気に入りの雑貨を並べたり、家族写真を飾れるように飾り棚としてのニッチも設けました。ニッチは壁厚を利用するので空間に圧迫感を与えることなく飾り棚を設けることができるので取り入れる人が多いです。飾り棚としてだけでなく、収納スペースとしてニッチを設けることもできます。

空間を圧迫感なく有効活用させるにはニッチを取り入れ、空間を華やかに、またプラスαの収納スペースとして活躍させるといいのです。