タグ : キッチン

キッチン収納

キッチンを見た目も機能もスッキリさせて、家事を楽にスムーズにこなせるだけでなく、お茶やお料理をスムーズに出せる、もてなし上手なキッチンにしましょう。

食器は食器棚に、という常識にとらわれず、使用頻度に合わせてメリハリのある収納にします。毎日使う食器は吊り戸棚などのオープン収納にし、コの字のラックや、吊るすタイプのラックを使って、食器をあまり重ねないようにすると、取り出しやすく、使うときの動作がスムーズになります。
良く使うツール類や小鍋なども、フックを使って調理台やコンロ近くの壁に吊るす、又はスタンドに立てる収納にすれば、片手で取れます。

棚の上段には、出番の少ない食器などを、取っ手付きのかごを使って収納します。
ティーポット、茶葉、コースターなどを1つのカゴにまとめて、棚に入れておきます。来客時には、カゴごと出して、スマートにお茶が淹れられます。
乾物、レトルト、調味料などの食材ストックは、ジャンルごとにファイルボックスに入れて収納します。見た目も良く、在庫が把握でき、無駄な買い物防止にもなります。

引き出しの中は、一度中身を出してサイズを測り、カトラリーやツールの種類に応じて細かく区画整理してケースで仕切って収納すれば、中身が乱れず、目的のものが取り出しやすく、戻しやすくなります。

シンクや調理台、レンジの下の扉裏に、S字フック、プラ容器と両面テープ、吊り下げラックなどを付け、水切りネット、タッパーのふた、ザルなどを掛けておけば、手前に出てくるので、取り出しやすさも抜群で、毎日の動作がストレスフリーになります。
シンク下も、配水管をよけて棚を設置できるラックなどを使い、活用しましょう。

キッチンに腰壁

最近では対面式のフルオープンキッチンが人気です。キッチンからフラットにカウンターが伸びて誰でもキッチンに近寄りやすく、お手伝いしやすいスタイルです。家族とのコミュニケーションが取りやすく、LDKの中心的スペースとして存在するのです。

しかし、このキッチンスタイルの一番のデメリットは、調理中や調理後の乱雑になっているキッチンがリビングやダイニングから丸見えになってしまうことです。お鍋や食材、お皿が乱雑になっている光景は見た目にいいものではありません。特に来客時には恥ずかしささえ感じるものです。

そこで我が家は、キッチンの前に腰壁を設けました。この腰壁があることで気になる手元部分を隠すことができます。しかし、吊り戸棚をなくし、コンロ部分を耐熱用のガラス張りにすることでリビングやダイニングとの一体感はしっかりと確保できるのです。この腰壁を設けたことでL字型にカウンターを配することができました。ここで朝食をとったり、子ども達がおやつを食べたりすることもあります。キッチンで支度した物をサッと目の前に配膳することができますし、食後もわざわざ回り込んでお皿を下げる手間が省け家事を効率よく行えます。

またこのカウンターで子ども達が勉強することもできますし、私が家事や育児の合間にパソコンを利用することもあります。時には親子で並んでこのカウンターを使用することもあり、キッチン周りに人が集まることも多くコミュニケーションの中心と言っても過言ではないのです。カウンターの下には収納スペースを設けパソコンや書類などここで使用するものを整理することもできています。キッチンの前に腰壁を設けてよかったと思っています。