シューズクローク

玄関をスッキリとさせるには玄関横にシューズクロークを設けるのが一番です。
最近では玄関スペースに靴箱を設置するよりも、玄関横にシューズクロークを設けるスタイルの方が主流となってきています。

私は玄関スペースよりもむしろこのシューズクロークを充実させた方がいいとも思っています。収納力のあるシューズクロークにすることで玄関スペースが広々としていなくても靴箱がなく、靴や物が散らからない玄関であればスッキリとして例え狭くても全く圧迫感を感じないのです。
このシューズクロークは靴や傘だけの収納するのではなく、リビングで使用する物まで収納しておけるようにするのもいいと思います。

またちょっとしたクローゼットとしても活用できるようにしておくと便利で使い勝手のいいシューズクロークとなるのです。
可動棚で用いて天井まで広がるオープン棚には靴を大容量に収納するのはもちろん、リビングで使用するけど使用頻度の低いプリンターや雑誌や新聞を整理する場所として活用するのもいいと思います。
着ていた上着を掛けて収納できるようにしておけば、帰宅して靴を脱ぐのと同時に上着もその場に掛けて収納できます。
また持ち歩いたカバンもこのシューズクローク内の棚に置いたり、掛けて収納できるようにしておけば、リビングに物が散らからず便利なリビング収納としても重宝するのです。

また外で使用するベビーカーや自転車などもシューズクローク内しまえように土間収納スペースもあると便利です。
玄関のきれいさを維持するにはまずはシューズクロークを充実しましょう。

動線を考えた間取り

家造りをする際にまず最初に決めるのが間取りです。
この間取りによってその後の暮らしやすさは大きく変わってくると思います。
今感じている不満を解消でき、快適さを実感できる家にするには動線を考えた間取りにするといいのです。

この動線は二つあり、家事動線と生活動線です。
主婦にとって家事動線を考えた間取りは非常に大事です。
家事は毎日繰り返され休みはありません。
その家事をいかに効率よくスムーズに行えるかで家への満足度も変わってきます。

家族にとって生活動線が重要です。
長時間過ごすリビングからトイレや洗面室はできるだけ動線を短く、行き来しやすいようにするだけで暮らしやすさを感じられる家になると思います。
この家事動線と生活動線を上手に組み合わせ、家事を行いやすくまた家族みんなが暮らしやすさを実感できる家にしたいものです。

主婦である私が家事動線で一番重視しているのがキッチンと洗面室の動線です。
キッチンで炊事しながら洗面室で別の家事を行うということはよくあります。
キッチンと洗面室を横一直線の間取りにすると家事の効率が高まると思います。

そして次に洗面室から洗濯物干し場の位置も重要です。
洗濯機と同フロアに洗濯物干し場があるといいと言われています。
濡れた洗濯物を運ぶのは意外と体力がいります。
自分が高齢になった時のことを考え洗面室から洗濯物干し場の動線も短くしておくといいでしょう。

生活動線を考えると玄関近くにトイレや洗面室があるといいです。
帰宅してトイレに駆け込むことや外出前にトイレに行くということはよくあります。

玄関近くに洗面室があると帰宅してすぐに手洗いができます。
このように日々の暮らしを思い返し動線を意識して間取りを決めましょう。

二階にファミリールーム

二階にも家族でくつろげる空間があるといいと思ったことはありませんか。
一階が生活の中心となり二階はただ寝る時だけしか使用しないという家庭も多いと思います。子どもが小さいと二階は全く使わないという家庭も少なくないでしょう。
二階建て住宅を建てて二階を全く使わないというのは空間がもったいないです。

我が家はこのようにならないようにするために二階にも家族でくつろぐことのできるファミリールームを設けようと思います。
特別な部屋を造るほど広さに余裕はないので、階段を上がった先のホールを活用しこの空間を造り出す予定です。
このファミリールームを中心に寝室やそれぞれの子ども部屋へ行けるようにすれば二階に廊下が必要なくなります。廊下がないことでこのファミリールームの空間を有効的に使用できます。

二階のファミリールームは第二のリビングルームとして寝る前の時間をここで過ごすには最適な場所だと思います。眠くなればすぐに寝室に行けるので楽です。
将来的には子ども達のゲームをする空間などにしてもいいかなと思っています。お友達が遊びに来てものびのびと遊べる空間があるのはいいものです。
カウンターを設けて兄弟姉妹で一緒に勉強するスペースとしてもいいと思います。

このように多目的に使用できる空間が二階にもあることで二階で過ごす時間が増え、一階も二階も満喫できる家になると思います。
空間を余すとこなく有効的に使える家でありたいものです。
二階のホール部分を有効的に活用したファミリールームをぜひ設けたいと思っています。

広さを実感できる家にするには

我が家は夢のマイホームを手に入れるため間取りを決めたり、導入する設備を選んだり今は家造りに多くの時間を費やしています。

我々夫婦の希望は家族が長時間過ごすリビングを快適な空間にしたいということです。
どの空間よりも広く開放感たっぷりの居心地のいいリビングにする予定です。
広さを実感するために我々が取り入れたのはリビングを吹き抜けにするということです。

リビングを吹き抜けにすることで視界を広げることができます。
またダイニングやキッチンなどそれぞれの空間を壁や扉で区切らずオープンにすることで空間に広がりを感じることができます。

またリビングの延長上に和室を設けるようにしました。
リビングと和室が繋がることでリビングがより一層広く感じられます。

そしてリビングの先にはウッドデッキやテラスを設ける予定です。
天候のいい日には外の空間も楽しめるようにしたいということと、室内に開放感が得られるからです。開口部の広い窓にすれば効果は大きいです。

このように家族が長時間過ごすリビングをいかに快適にするかは工夫次第です。
広さはなくても工夫することで面積以上の広さを実感できることもあります。
広さを実感できる家にするには無駄なスペースを極力生まないということです。

その一つとして廊下が挙げられます。
我が家の間取りには一階にも二階にも廊下がありません。廊下をなくした間取りにすることでスペースを有効的に活用することができます。
広さを実感できる家を手にしたいものです。

スタディーコーナー

最近ではリビングやダイニングで学校の宿題をしたり勉強をする子ども達が増えてきました。
リビングやダイニングで勉強すると学力が向上するというデータも出ているほどです。
その理由として親が近くにいることで安心した環境で勉強に集中できるのです。
そして分からないところがあればすぐに質問でき、勉強を教えてもらいやすいということも大きな魅力です。

また親側の立場からは夕飯準備の忙しい時間帯に近くで宿題や勉強をさせることで、そのチェックを家事の手を止めることなくスムーズに行えるというメリットがあります。
リビングテーブルやダイニングテーブルで勉強をするのはいいのですが、家族がくつろぐスペースが奪われたり、食事の用意が妨げられるというデメリットもあります。
高さの合わない机での勉強は姿勢を悪くもします。
消しゴムのカスでダイニングテーブルを不衛生にしてしまうということもあるでしょう。
せっかくリビングやダイニングで勉強をするのがいいと言われているのに、このようなデメリットを感じるのでは快適性の高い家とは言えません。

このデメリットを解消するにはリビングやダイニングの一角により勉強に集中でき、姿勢も悪くならないスタディーコーナーを設ければいいのです。
窓際に面したスタディーコーナーであれば明るさをしっかり確保でき勉強のしやすさに繋がります。
ダイニングテーブルの不衛生さを感じることもなくなります。
子どもが使わない時はママのパソコンスペースとして活用するのもいいと思います。
しっかり空間を分けて使用することで快適性の高い家となるのです。

安心が先?それと安全が先?

現在では安全が優先される時代になってきています。その中でも子育て中の方にとっては、わが子が危険な目に遭うのは決してあってはならないことなのです。例えば、安全な公園、安全な遊具や玩具、安全な食器など、安全と冠された場所あるいはモノには、ある種の頼もしさというか信頼性がでて、その場所に出かけたり、購入したりする方は多いのでないでしょうか。
でも、ここでちょっと考えてみて下さい。私たちが安全と思っているものは、本当に安全なのでしょうか?

例えば、エアコンの空気清浄器を使っているので、家の中の空気は安全と思っていますが、実はきちんと掃除をしていないとカビをまき散らす可能性があるのです。また、IHクッキングヒーターは直火が出ないので、火傷をすることがなく安全と思っていますが、調理後の鍋やフライパンなど、もらい熱で火傷をする可能性があるのです。さらには、家の中は屋外より安全だと思っていると、ちょっとした段差などで転倒して死亡する人が多く、交通事故よりも家庭内事故の死者の方が多いことなど、世の中には安全と思い込んでいても、安全だとは言い切れない事例が多くあるのです。

つまり、何事においても100%の安全はありえないのです。しかし、できるかぎり100%に近い安全性を確保するための工夫がなされており、それが、製品やサービスの安全度なのです。しかし、現在社会において、残念ながら安全という言葉は、その意味を過信され過ぎていることが非常に多くあるのです。さらには、安全と安心は同じという考え方も広く一般に浸透していることも事実なのです。

スキップフロア

最近我が家は新築住宅購入に向け間取りや設備についての話題が絶えません。
そんな中私が一番採用してほしいのがリビングにスキップフロアを設けることです。このスキップフロアをスタディーコーナーにして自分の趣味を満喫する空間や家事をする空間として大活躍させたいと思っています。
時には主人の書斎ルームにもなり、子どもと共に昼寝するスペースとしても活躍してくれるだろうなと思っています。

階段二三段上がると広がるスキップフロアは行き来のしやすさを感じます。また少し高さを設けることで空間がオシャレに見え、スキップフロアを特別な空間のように感じます。リビングと繋がっているのですが独立した空間とさえ感じることでしょう。リビングにスキップフロアを設けることで私がそこでアイロンをかけたり洗濯物を畳んだり家事をしていてもリビングやダイニングにいる家族に目が行き届くので親も子も安心感が得られるのです。このスペースにパソコンを置いたり、子どもがお絵かきや勉強ができるような机を備え付けておくと便利です。ちょっとした収納スペースがあれば空間の活用方法の幅が広がることでしょう。

リビングでゆっくりしたくてもフローリングの床ではなかなかゴロンと横になりにくいものです。スキップフロアを畳にすればゴロンと横になりやすくゆったりと休憩できるでしょう。また子どもがそこを遊び場としても畳なのでおもちゃを落とした時に発せられるガチャンという大きな音も出ず落ち着ける畳の空間になると思います。
新築住宅にぜひこのスキップフロアを設けたいものです。

目指せ夏は涼しく冬暖かい家

私が住んでいる地域は盆地で、夏の暑さは厳しく冬はとことん寒いです。そんな地域に住んでいる私たち夫婦がマイホームに望むことは夏は涼しく、冬暖かい家であることです。
高気密・高断熱住宅にするのはもちろんのことですが、住宅の窓に我々は注目しています。

二枚の断熱ペアガラスを用い、その間に熱伝導の小さいアルゴンガスを入れた窓ガラスがあります。太陽光を通し空間を明るく演出してくれますが、太陽熱を吸収してくれるのです。日差しをたくさん取り入れることができながら、外からの暑さは遮り、冬は室内の暖かさを外に逃さないのです。このような窓ガラスを用いることで冷暖房効率を高めることも期待できます。
紫外線もしっかりカットしてくれるので皮膚トラブルや日焼け対策にも一役かってくれるのです。紫外線でカーテンやカーペットが色あせることがなくなるので嬉しいですね。窓ガラスも重要ですがサッシの機能性にも注目して選ぶといいでしょう。

以前は住宅に使われるサッシはアルミサッシがほとんどでした。しかし最近では樹脂サッシや木製サッシが人気を高めているのです。私は特に木製サッシに注目しています。この木製サッシはアルミサッシに比べ大変断熱性能に優れています。これは樹脂サッシよりも高い断熱性と言われています。断熱性だけでなく気密性や水密性にも優れているのです。機能性に優れているだけでなく、木の表す質感や温もりは和室でも浴室でも調和が取れやすいのではないでしょうか。
夏は涼しく冬は暖かい家を目指すのであれば窓にも注目した家造りをする必要がありそうです。

土間の積極的利用

住まいを新築する時、LDKやプライベートルームなどの各部屋については真剣に断熱を考えます。最近は、断熱材の種類も多くなり、その品質も格段によくなってきました。これらの断熱材を壁や床や屋根に施工することで、住まいの居住性が高くなっていきます。しかし、人の動線となる玄関土間や廊下の断熱は、なかなか思い及びません。廊下をなくして、部屋の中に動線を持ってくることで、動線としてスペースを割かなくていいし、暑さや寒さ対策にもなります。しかし、廊下でなく、動線を通り土間にした場合、冬になると、足元から冷気が上がってきますので、その土間部分だけでなく、そこに面しているLDKなどの冷暖房効率が落ちてしまいます。

私の友人が住まいを新築したのは、市内東部の丘陵地に造成された団地です。夏は、標高も高いこともあり、風が吹き抜けますから、比較的涼しく過ごすことができますが、秋から春にかけて、寒いです。そこで、住まいの南側に玄関から東西に抜ける通り土間をつくり、その土間に面して、LDKやバスルームや洗面脱衣所を作りました。住まいの南側に土間スペースを作ることで、冬には、土間を蓄熱材として使うことにしました。丘陵地ということで、かなり日当たりも良いため、自然の恵みである太陽光を利用することにしました。

基礎部分をきちんと断熱をして、地下からの冷気を防ぎました。土間部分についても、単に、コンクリートを流すだけでなく、断熱材を敷き詰めた上に、タイルを張ってもらいました。タイルは、滑ったり、汚れたりしにくく、畜熱に優れたものを選びました。昼間に太陽で温められた土間の床部分は、夕方からゆっくり熱を放出しますから、比較的LDKが暖かくなります。そのため、暖房をつける時間もかなり短くなり、省エネになっています。もちろん、これは、晴天率が高いこの地方と立地条件があってこそですが、土間の積極的な利用になりました。

子どもとの絆を重視した家

我が家にはまだ小さい子どもが二人います。私は現在専業主婦で、子育てに家事にと毎日忙しく過ごしています。
新築住宅購入を検討しているのですが新築住宅には子どもとの絆を大切にした家造りをしたいなと考えています。また家事をしながらきちんと子どもに目が届くように親も子も安心して過ごせる家であってほしいなと思っています。

まず一日のうちキッチンで過ごすことの多い私はキッチンにいても遊んでいる子ども達に目が届くように対面式のオープンキッチンにしたいと思っています。対面式にすることでお皿洗いをしながら子どもが遊んでいる姿を見られるのは安心です。また洗濯物を干しに行くだけで子ども達はママどこ行くの?と聞いてきますし、すぐに私の後をついて来ます。子どもが小さい内は一人で階段を行き来させるのは心配です。

また家事効率を考えても洗濯物干し場を二階ではなく一階の庭に設けた方がいいなと思っています。一階の庭にすることでリビングで遊んでいる子ども達に目が届きやすく、子ども達も私が近くにいることが分かればむやにやたらについてこなくなるでしょう。私もスムーズに家事を行え子ども達も安心して遊べます。
階段を設ける位置も親と子の絆を深めるには重要だと思っています。私はリビングに階段を設けることで家族が顔を合わせる機会が増えると考えています。成長してくると自分の部屋にいる時間も増えてくるでしょう。家族の休むリビングを通り二階に行くようにしておくことで家族が顔を合わせ、互いの変化や様子を伺うことができます。
このように子どもとの向き合い方を考えた家造りをしようと思います。