目指せ夏は涼しく冬暖かい家

私が住んでいる地域は盆地で、夏の暑さは厳しく冬はとことん寒いです。そんな地域に住んでいる私たち夫婦がマイホームに望むことは夏は涼しく、冬暖かい家であることです。
高気密・高断熱住宅にするのはもちろんのことですが、住宅の窓に我々は注目しています。

二枚の断熱ペアガラスを用い、その間に熱伝導の小さいアルゴンガスを入れた窓ガラスがあります。太陽光を通し空間を明るく演出してくれますが、太陽熱を吸収してくれるのです。日差しをたくさん取り入れることができながら、外からの暑さは遮り、冬は室内の暖かさを外に逃さないのです。このような窓ガラスを用いることで冷暖房効率を高めることも期待できます。
紫外線もしっかりカットしてくれるので皮膚トラブルや日焼け対策にも一役かってくれるのです。紫外線でカーテンやカーペットが色あせることがなくなるので嬉しいですね。窓ガラスも重要ですがサッシの機能性にも注目して選ぶといいでしょう。

以前は住宅に使われるサッシはアルミサッシがほとんどでした。しかし最近では樹脂サッシや木製サッシが人気を高めているのです。私は特に木製サッシに注目しています。この木製サッシはアルミサッシに比べ大変断熱性能に優れています。これは樹脂サッシよりも高い断熱性と言われています。断熱性だけでなく気密性や水密性にも優れているのです。機能性に優れているだけでなく、木の表す質感や温もりは和室でも浴室でも調和が取れやすいのではないでしょうか。
夏は涼しく冬は暖かい家を目指すのであれば窓にも注目した家造りをする必要がありそうです。

土間の積極的利用

住まいを新築する時、LDKやプライベートルームなどの各部屋については真剣に断熱を考えます。最近は、断熱材の種類も多くなり、その品質も格段によくなってきました。これらの断熱材を壁や床や屋根に施工することで、住まいの居住性が高くなっていきます。しかし、人の動線となる玄関土間や廊下の断熱は、なかなか思い及びません。廊下をなくして、部屋の中に動線を持ってくることで、動線としてスペースを割かなくていいし、暑さや寒さ対策にもなります。しかし、廊下でなく、動線を通り土間にした場合、冬になると、足元から冷気が上がってきますので、その土間部分だけでなく、そこに面しているLDKなどの冷暖房効率が落ちてしまいます。

私の友人が住まいを新築したのは、市内東部の丘陵地に造成された団地です。夏は、標高も高いこともあり、風が吹き抜けますから、比較的涼しく過ごすことができますが、秋から春にかけて、寒いです。そこで、住まいの南側に玄関から東西に抜ける通り土間をつくり、その土間に面して、LDKやバスルームや洗面脱衣所を作りました。住まいの南側に土間スペースを作ることで、冬には、土間を蓄熱材として使うことにしました。丘陵地ということで、かなり日当たりも良いため、自然の恵みである太陽光を利用することにしました。

基礎部分をきちんと断熱をして、地下からの冷気を防ぎました。土間部分についても、単に、コンクリートを流すだけでなく、断熱材を敷き詰めた上に、タイルを張ってもらいました。タイルは、滑ったり、汚れたりしにくく、畜熱に優れたものを選びました。昼間に太陽で温められた土間の床部分は、夕方からゆっくり熱を放出しますから、比較的LDKが暖かくなります。そのため、暖房をつける時間もかなり短くなり、省エネになっています。もちろん、これは、晴天率が高いこの地方と立地条件があってこそですが、土間の積極的な利用になりました。

子どもとの絆を重視した家

我が家にはまだ小さい子どもが二人います。私は現在専業主婦で、子育てに家事にと毎日忙しく過ごしています。
新築住宅購入を検討しているのですが新築住宅には子どもとの絆を大切にした家造りをしたいなと考えています。また家事をしながらきちんと子どもに目が届くように親も子も安心して過ごせる家であってほしいなと思っています。

まず一日のうちキッチンで過ごすことの多い私はキッチンにいても遊んでいる子ども達に目が届くように対面式のオープンキッチンにしたいと思っています。対面式にすることでお皿洗いをしながら子どもが遊んでいる姿を見られるのは安心です。また洗濯物を干しに行くだけで子ども達はママどこ行くの?と聞いてきますし、すぐに私の後をついて来ます。子どもが小さい内は一人で階段を行き来させるのは心配です。

また家事効率を考えても洗濯物干し場を二階ではなく一階の庭に設けた方がいいなと思っています。一階の庭にすることでリビングで遊んでいる子ども達に目が届きやすく、子ども達も私が近くにいることが分かればむやにやたらについてこなくなるでしょう。私もスムーズに家事を行え子ども達も安心して遊べます。
階段を設ける位置も親と子の絆を深めるには重要だと思っています。私はリビングに階段を設けることで家族が顔を合わせる機会が増えると考えています。成長してくると自分の部屋にいる時間も増えてくるでしょう。家族の休むリビングを通り二階に行くようにしておくことで家族が顔を合わせ、互いの変化や様子を伺うことができます。
このように子どもとの向き合い方を考えた家造りをしようと思います。

子どもと暮らす家づくり

家づくりのきっかけは?と伺うと、お子様の誕生や進学などの大きなライフプランを挙げる方が非常に多いのですが子どもと暮らす家づくりというのはなかなか難しいものです。

子どもがいる、となると間取りの作り方はどうしても既成概念にとらわれてしまいがちです。≪子供部屋にはベッドと机が置けるスペースがあって、クローゼットがあって・・・≫というように、私達は知らず知らずに子供部屋のイメージを追いかけてしまいます。でも実際にはお子様が小さいうちにはほとんど個人の居室を使用する機会がなかったり、独立後には倉庫のようになったりと居住空間の中で有効活用しにくいのが子供部屋の難点でもあります。

先日ある新聞が行った小学生のライフスタイルに関するアンケートによると、小学生のおよそ85%がリビングや食堂スペースで勉強をしているという結果がでました。家庭での学習環境については賛否両論があるものの、最近では家族の気配を感じられる場所で、というのが一般的になってきています。社会的に見ても、ここ数年でスマートフォンなどの個人ツールの普及率が低年齢化してきている事もあり、家庭の中でも家族のあり方やコミュニケーションについて危機感を感じているという方が多いように思われます。家に帰っても友達とネットを通じて24時間連絡が取れる、というのは確かにいままでの日本にはなかった文化です。個人の居室はもはや携帯やスマートフォンのような端末の中にあり、空間的な「個」は必要とされなくなってきているのかもしれません。

子どもがいる世帯の家づくりで一番大切なのはやはり「コミュニケーション」。お子さんが小さいというご家庭であれば家族みんなで過ごせる時間の作り方を是非考えてみてくださいね。

家事動線を考えた家

共働きの世帯にとって女性が住宅に求めることは家事を効率よく行え、動線が短いということだと思います。
私は子どもが小さいということもあり専業主婦ですが、住宅に求めることは家事動線に配慮されていることです。
キッチン・浴室・洗濯場を離れたところに間取りをするのではなく1ヶ所に固めることが家事の効率を高め、家事をスムーズに行えると思います。

キッチンの後ろに浴室、洗濯機や物干し場を設けることで、生活感が出る部分はなるべく目に入りにくくなり、リビングでの快適性も高まると思います。
キッチンの後ろに固めた水周り部分は左右どちらからも行き来できるようにしておくと、朝身支度で忙しい時間帯でも家族がぶつかり合ったり、準備がしにくいということを防げるのです。
家事も行いやすく、家族の移動のしやすくなるのです。
行き止まりがあると行ったり来たりと無駄な動きも多くなり、家事動線にも大きく影響してくるだけでなく生活のしやすさにも影響してくるのです。

回遊型にすることで家事動線の短く、動きやすいので生活のしやすさも実感できると思います。
このような造りにすることで家事を女性だけが行うのではなく、ご主人や子ども達も積極的に取り組んでくれるようになると思います。
そうなることで家族のコミュニケーションも深まり家事をみんなで協力しながら行える家となるのではないでしょうか。

家事動線を考えた家造りをするということで今まで自分のプライベートな時間を持つことが出来なかった忙しい主婦でも、家事を短縮できほんの少しの時間でもゆっくりできる時間が持てれば住宅への満足度も変わってくることでしょう。
忙しい女性のためにも家族との繋がりを持たせるためにも動線に配慮された家造りをしたいものです。

骨折り損!

   草食系男子が増えているような話しを耳にしますがそうなってしまうほど女性が強くなってしまったのではないかと考えているAさん、実は昔若者にからまれているところを助けられたのがきっかけなのです、えっ!何の事かって?恥ずかしいのですが奥さんに助けられたのですがこの奥さんレスリングでは全国クラスの腕前だったそうで気は優しくて力持ちだと思ったAさんでした。

ところが結婚後だいぶ経ちましたが今ではアゴで使われる始末で睨まれると震えあがってしまいます「今にみてろ一本背負いで窓の外にぶん投げてやるからな!」・・・またまた、震えていますよAさん!

さて友達が大分で不動産を探したいそうで土地探しについて相談されているAさんは考えております。

どんな土地が良いか、まずは駅や学校からの距離など利便性を考えなければならない、山中の一軒家で良いのなら価格の低い土地がすぐみつかるでしょうが希望の条件を満たして格安な土地はみつけられるのでしょうか。

Aさんが思うに相場の価格を覚悟しその上で良い土地を探した方が良いのではないかと考えているのです。

というのは路線価というのがありこの価格が目安になると思うのですがある一定の評価の地域の土地の中にポツンと激安物件があるというのは不自然だと思いますしもしあったとしたら事故物件などの訳ありなのではないかと思うのです。

仮に激安物件があったとしたらおそらく不動産屋などの業者が買い取り転売する事が考えられます。

では土地探しはどうしたら良いのでしょうか、Aさんが思うに業者が買って転売するにはリスクが大きくなる程度の安さの土地、つまりちょい安物件を探してはどうかと思うのです。

希望の地域の土地建物がいくらくらいで取引きされているか目を光らせ頭に入れ、不動産屋には顔を出しちょい安物件の話しが回してもらえるよう手を打っておくのです。

不動産屋はちょい安物件の話しが来た時に宣伝やらの手間なしで販売出来れば楽ですから連絡をくれると思うのです。

それに不動産屋がこれこれくらいお安いですよと査定してくれるでしょうから好都合に思うのです。この案を友達に勧める事にしたAさんです。

さてお店で「のろのろして愚図だねぇ!」と奥さん「何!」ついに切れたAさん、奥さんの肩に手をかけ、おっと一本背負いか!まずい奥さんジャーマンスープレックスホールドだぁ!ガシャーン、そのままサソリ固めに入ったではないか「か神様・・・ギィエー!」ベキベキ・・・ついに神頼みですか、骨が折れたようですよAさん!

さて皆さん、良い土地を探すのは難しいと思いますがまずは安くて悪い土地をつかまないようにご注意を!

切れたら大変!

今日は休日なのですが昼間から入浴中のAさん、とにかくお風呂が大好きで作戦会議もお風呂でしています。

以前アロワナという熱帯魚のエラがめくれて手術をした事があるAさん「あの時はまいったな!」なんでも動物用の麻酔薬はすぐ手に入ったのですが正確に測るため注射器を薬局に買いに行ったら、その疑われた事といったらありません、免許を見せたり説明したりでやっと売ってくれました・・・でも手術は成功したんですよねAさん!

さてどうしたら大分で不動産を安く手に入れられるか考えているAさんです。

実は以前仕事の関係で法務局に通っていたのですが登記簿や公図の閲覧や写しの取得などやっていると色々なケースがあるのですが例えば共同担保が付いている登記簿を取得します。

見てみると共担には番号がふられていてその番号の登記簿を全て取得するとその中に共担がまた付いていたり他の抵当が付いていたりと一体いくら借入れしたのかびっくりした事もちょくちょくあるのです。

100通以上いっぺんに取得した事があるのですがはっきり言ってびっくりしました。

そこで考えたAさんですが登記簿を閲覧すると結構な暑さのファイルを見る事になります、例えば100番地の登記簿を閲覧するとその番地の周辺の筆が何十か一緒に閲覧出来てしまうのです。さてその中に所有権の移転が相続だったり共同担保が付いていたり普通抵当がついていたりと、所有者の氏名から何から色々分かってしまうのです。

例えば最近相続で所有者が変わり財務省の抵当が付いていると、これは延納だなとか、中身を覗くと売る可能性のある土地が分かって来ます。

そこでそういう土地の持ち主に手作りのチラシを入れてみたらどうかと考えたのです。

Aさんは現在自営業ですが例えばパンダ商店・不動産係みたいな感じで「あなたの土地・売却しませんか」のようなチラシを入れるのですが突然電話したのでは怪しまれるのでチラシを入れれば後から電話する事も可能でしょうしそのうち困って売りたい人にあたるような気がします。

財務省の抵当が付いている場合は国税と交渉して売却時に売却代金のうちいくらか納税して売買時に同時抹消するなどケースによって技術が必要だと思いますが安く入手出来るなら頑張るつもりのAさんです。

そろそろお風呂から出ようとしているAさんです、風呂場から出ようと扉を持った瞬間足を滑らせ「バタン!」なんと急所を扉に挟んでしまいましたがそのまま倒れるAさん「ギィエーー!」・・・危ない!そのまま倒れたら急所がちょん切れちゃう、もうニューハーフの道しかないのか!

さて皆さん、登記簿を見ると驚く事がよくあります、この所有者年齢が130才くらいになるんじゃないかとか、しかし安く土地を購入するヒントにはなりそうですがいかがでしょうか?

測量せよ!

  履歴書を見ているAさん、久し振りにBさんが遊びに来たのですがなんでも転職を考えているらしく履歴書を持って来たようなのですがそれを見ていたAさん「ひどいなぁ!」得意な学科は体育でまぁいいが健康状態‐下痢気味、趣味‐パチンコ、志望の動機‐今の会社を辞めるから、Bさんニコニコしていますが・・・会社を辞めるのは転職が決まってからにしましょうねぇBさん!

さてBさんのお父さんが怒っているらしいのですがそれというのも少し前に三重で土地を購入をしたお父さん、50坪の土地なのですが最近測量をしたら40坪しかないのだそうなんです。

話しを聞いたAさんですがどうやら土地を買う時に登記簿の地積で売買したらしいのですが売買契約は終わり支払いも済んでいます。

そろそろ三重で注文住宅を建てたいそうですがお父さんは登記を修正するか売主に文句を言うかなど迷ってしまっているそうなのです。

事情を聞いたAさんが言うには、土地の売買はもう支払いまで済んで完全に終了しているから今からやり直す、つまり損した分を取り返すのは無理なんだそうで諦めるよりないらしいのです。

さて登記ですがまずは今のままの地積で建築した方が建築面積が広いので修正するにしても建築後の方が良いとの事で建築後に修正登記をすれば若干固定資産税が下がるかもしれませんが仮に30年後、40年後に建替えなんて事になった場合建築面積が狭くなってしまうので良く考えた方が良いのではないかと言うのです。

お父さんは10坪の縄縮み登記のままにしておき固定資産税はお国に寄付すると言っているそうなのです。

さて皆さん、土地の売買をする時に登記簿の地積で売買した場合、たまたま縄伸びしているなんて事になれば良いですが縄縮みの場合も十分考えられますのできちっと測量し土地の境界もはっきりしてもらった方が良いと思うのですがいかがでしょうか?

賢く選ぼう

  家づくりのスタ-トといえば、やっぱり土地探しから。と言っている大分で、不動産を扱っている友人。

 また、友人は、「実際に敷地条件のよしあしを判断するのは、素人にはなかなか難しいものです。」とも言っています。それではどうすれば良いか、最低限知っておきたい敷地の特長や、敷地に関して定められている法律などについて、聞いてみました。

 住宅密集地では、採光や通風そしてプライバシ-に配慮した家づくりをすることが大切です。

 狭小地のなかでも、10~20坪ほどの土地は、ほとんどが都市部の住宅密集地にあります。もともとは広い土地だったところを何軒かに区画したような敷地が多く、隣家と隙間なくぎっしり建てられていることがおおくあります。

 こうした場所では、採光・通風・プライバシ-の確保が大きな課題になります。とくに、隣家側に開口部がとれない場合は、トップライトやハイサイドライトなどを活用して、視野を遮りながら光と風を取り入れる工夫が必要になってきます。

 また、幹線道路からその土地までの道路の形状によっては、トラックやクレ-ン車などが入れず、資材を手運びしなければならない場合もでてきます。そのため、その分人件費が発生しますので、コスト面に負担がかかってしまいます。

 間口が狭くて奥行きが深い、うなぎの寝床のような敷地や、2面を道路に挟まれた三角地の敷地、狭い路地が手前にある旗ざお状敷地など、悪条件が揃った変形敷地があります。これらの土地には、ハウスメ-カ-の規格住宅が立て難いなどのデメリットがありますが、その悪条件を逆手にとり、建築家などをパ-トナ-にして、柔軟な発想でプラニングすれば、個性的な、ほかにはないユニ-クな家を建てることができます。

土地が決まったら・・・

晴れて土地が決まったとします。

そしたら、次の段階は住宅の設計ですよね。

ここでは仮に、注文建築に決めたとします。

注文建築の醍醐味はなんといっても住宅を自分の理想により近い形で構築できるという点ではないでしょうか。

昔と違って最近の住宅は細かく部屋を区切らないオープンなスタイルが増えてきています。

いくら経済が発展している日本とはいえ、所詮は小さな島国。アメリカのように広大な面積があるわけではないですね。限られた土地に1億2千万人以上もの人が暮らしている日本では誰でも容易に庭付きの広い土地に住宅を構えられるわけではありません。

その点、限られた土地を有効利用する集合住宅は合理的です。建築技術が進んだ現在では軒並みタワー型マンションの建設が急ピッチで進められています。

そんな中、単独で土地を所有し、自分たちの案やアイデア、理想を盛り込んだ住宅に住める贅沢をしてみるのもよいものです。

賃貸暮らしから持ち家暮らしへと転換期を迎えようとするその時、選択枠として注文住宅を建てることを視野にいれてみる。

誰しもひとつくらいは住む家に対する理想というものが必ず存在するものです。その理想を現実のものとして形づけられたら。抑制され我慢をしいられてきた思いは一気に開放され、生活がより楽しくなること請け合いなしです。

たとえ狭小地であったとしても持ち家に住めるということは特別な意味を持ちます。限られた面積であればオープンスタイルで設計を考えていけば思った以上の空間の広がりを得ることも可能なのです。

資金面で注文住宅を諦める必要はありません。分譲マンションや戸建住宅と変わらない資金で建てることができる時代だからです。
施主支給のネットショップで建材やサッシの価格を調べたり、あらゆる情報を入手する努力さえ怠らなければ、注文住宅を建てることは決して夢物語ではないのですよ。