階段下の活用法

階段を設けることで階段下にはデッドスペースが生まれてしまいます。このデッドスペースをどのように利用させるかは家造りにおいても重要なことの一つでもあります。今までは階段下というと日用品や掃除機などを収納する収納庫が設けられていました。しかし、最近ではリビング内に階段が設けられるリビングイン階段が人気となっており、階段下の活用法も大きく変化してきているのです。

階段をどこに設けて、どのような形状の階段を設けるかで適した活用法も違ってくるので、最適な活用法を取り入れましょう。我が家は廻り階段の下にトイレを設けました。トイレを設置している一部分の天井が通常の天井より低く、階段下ということで特殊な形状をしています。しかし、用を足すには全く問題がありません。狭さや圧迫感を感じないように、窓から明るさをしっかりと確保し、クロスやクッションフロアの色味やデザインを爽やかで、明るいものを選びました。

階段の上り初めから途中までの階段下のデッドスペースは、トイレ収納として利用しています。トイレ収納としては十分すぎる広さを確保できているため、トイレットペーパーやサニタリー用品、手拭き用タオル、子ども用便座などトイレで必要な物をしっかりと整理することができています。特売日にトイレットペーパーを買い込んでもここにスッポリと収められるため助かっています。リビングイン階段の下に収納スペースを設ける場合も、インテリア性に配慮して見せる収納にしてオシャレに整理できるスペースとして利用させるスタイルも人気です。階段下は余すことなく上手に活用させたいものです。

コメント 停止中