夏は涼しく、冬暖かい家

家造りを行う誰もが実現したいことが、「夏は涼しく、冬暖かい家」であることではないでしょうか。快適な暮らしのためには、気温・湿度・風・放射熱という4つの要素を上手にコントロールすることが大切なのです。人が快適だと感じる気温は20~25℃、湿度は40~60%の間と言われています。これに心地よい風、物が発する熱エネルギーである放射熱という要素が結びついた体感温度が快適さを決めるポイントとなります。

体感温度を快適に保つ方法はさまざまですが、例えば、風の通り抜けやすいまどりにすることで、夏を涼しくしたり、家の中に寒さを入れず熱をのがさないための技術である気密性や断熱性にこだわることで冬の暖かさを実現していくことができます。中でも断熱には、構造部分を断熱材でくるむ外張り断熱と、壁の中に断熱材を詰める内断熱があります。施工方法も様々ですし、断熱材の種類も多数あるため、何が最も適しているかは施工業者としっかりと話し合いながら決めていくことが必要です。

どのような方法を選ぶとしても、断熱材の間に隙間があったり、孔があいているような施工では意味がありません。信頼できる施工業者を選び、要望やその地域に合った断熱方法で快適な住まいとなるようにしていきたいものです。また、熱の出入り口で一番大きな窓の断熱性も非常に重要となってきます。窓ガラスやサッシの断熱性にも注目してここにもしっかりと予算をあてておきたいものです。

コメント 停止中