リビング学習

子ども達が勉強する場所は、二階に設けてある子ども部屋ではありません。家族が身近にいるリビングやダイニングで勉強を行う子ども達がほとんどなのです。リビングやダイニングで勉強することをリビング学習と言います。このリビング学習は、子どもの学力を向上すると言われています。このこともあってか、子ども部屋に立派な学習机を購入するよりも、リビングやダイニングの一角にスタディーコーナーを設ける家庭が増えているのです。

我が家にも4歳と2歳の子どもがいます。将来のことを考え、ダイニングの一角にスタディーコーナーを設けました。窓際に設けたスタディーコーナーは自然の明るさを採りこめ明るく勉強のしやすい空間が広がっています。子どもが二人いるので、二人並んでゆったり勉強できる横幅を確保しました。そしてカウンター下の両サイドにはオープン棚を設けて、勉強道具を一時置きしたり、ランドセルを置くスペースとして活用させようと思っています。

現在はまだ子ども達が勉強しないので、私がパソコンスペースとして利用しています。このようなカウンターを設けておけばいろいろな用途で使用でき便利さを増すのです。子ども達が楽しく、そして集中できるスタディーコーナーをしっかりと設けておいてあげましょう。
ダイニングテーブルやリビングのローテーブルで勉強する子ども達もいますが、生活にメリハリをしっかりとつけることも大切なことです。学力を向上させるためにも、スタディーコーナーは必須スペースと言えるのです。

コメント 停止中