リビング階段

最近住宅で多く取り入れられているリビング階段。このリビング階段にも2種類あり、階段がリビング内に存在するものと、階段の入り口がリビングに面しているだけのものです。我が家の新築住宅には後者のリビング階段を設けました。後者のリビング階段にしたのは、二階からの冷気の流れ込みが気になったからです。このタイプのリビング階段であれば階段の入り口に扉を設けて、冷気の流れ込みを止めることができます。

しかし二階からの冷気の流れ込みは、全く気になりません。これは住宅自体の断熱性と、熱の出入り口で一番大きな窓の断熱性と大きく関わってくるのです。これらの断熱性が低いと冷暖房効率を下げたり、冷気の流れ込みを感じやすくなってしまいます。しかし我が家はこれらの断熱性をしっかりと高めたことでリビング階段のデメリットと言われているこれらのことを全く感じず快適な暮らしを送っています。

前者のようにリビング内に階段が存在するリビング階段は、階段がリビングのインテリアの一つとして存在します。リビング内に階段があることで圧迫感を感じがちですが、スケルトン階段にして視界が奥に繋がり、明るさをしっかり通すことで閉鎖的な印象になるのを避けられるのです。このようなリビング階段にすることで階段下の活用法も今までとは違った活用法ができます。オープンシェルフにして見せる収納にしたり、階段下にカウンターを設けてパソコンスペースとしたり、階段一つで見た目の印象も活用法も変わってくるのです。階段に注目した家造りをしてみるのもいいのではないでしょうか。

コメント 停止中