アーカイブ : 2016年 9月

あたたかい浴室

寒くなったこれからの時期、面倒と感じがちなのが入浴タイムです。特に一番風呂は家族みんなで譲り合いのような状況になりがちです。特に寒い冬時期の入浴は、高齢者は要注意です。ヒートショックという言葉を聞いたことがあると思います。これは、暖かいところから寒いところに入ると、急に血圧が高くなり、ショック症状を起こすのがヒートショックです。このヒートショックで年間14000人の人が亡くなっていると言われています。

浴室での高齢者の事故を防ぐためには浴室を寒くしないことが大切です。そこで最近では、浴室暖房乾燥機を設置する家庭も多いです。一番風呂でも浴室を暖かくするときに活躍してくれるのです。入浴する10分前にスイッチを入れておけばポカポカな浴室が広がります。予備暖房機能だけでなく、洗濯物の乾燥に利用することもできまし、換気を素早く行ってくれるのです。

最近の浴槽は保温力にも優れていますし、浴室全体をすっぽりと断熱材でスッポリと覆っている構造になっていることも多いです。大家族で、入浴時間がまちまちの場合には浴槽の保温力が優れていると助かります。全員が入浴を終えるまでに浴槽のお湯が冷めてしまうこともあります。今は床下の冷たい空気を遮断するとともに、浴槽全体を断熱材で覆い、お湯の温度が下がりにくくなっているのです。また、断熱材が入ったふたも合わせて利用することで、遅くに帰ってきた旦那さんもお湯が暖かいまま入浴できるのです。これからの時期だからこそゆっくりと浴室タイムを楽しめるように環境を整えておきたいものです。