アーカイブ : 2011年 6月

これからの土地探しのポイント

注文住宅などの戸建てを新築で建てるための土地物件を探す場合に、
多くの人が会社までの通勤のしやすさや周辺環境の充実・生活のしやすさを考えて住みたい地域や沿線で土地探しをすると思います。
工務店が集客のために一緒に探してくれるところもあるようです。
しかし3月の東日本の震災を受けて土地探しの条件として意識的に付け加えられたのは土地の安全性だと思います。
土地の安全性を考えた時には土地探しをする・家を建てようと考えているエリアのハザードマップを確認してみましょう。
ハザードマップとは自治体が自然災害による被害を予測し、被害範囲を地図化したものです。
河川の増水による浸水洪水が予測される範囲や地震で起きる液状化、沈下などの可能性がある地域を予測、大雨による土砂災害・土石流の可能性のある危険地域の指定などを記しています。
実際に土地物件を探す前にハザードマップを基にして土地物件を探すエリアや範囲を決めておけば、効率的に物件の取捨選択が可能になると考えられます。
しかし気をつけておかなければいけない事はハザードマップはあくまで自然災害の予測したものなので、
実際に自然災害が発生した時にはさらに広範囲に広がることや予想外の地域での被害もあることも考えておかなければいけません。

山形で住宅を新築した従兄の家はハザードマップでは危険区域からかなり離れていたのですが、実際には家の目の前まで被害が及んだことがあったそうです。
そう考えると目安・参考としましょう。
3月の震災時では千葉県の浦安市以外でも予想のしない所での液状化現象も多くみられたようです。
一部の地域では現在は区画整理された住宅街であって、昔は田んぼや貯水池を埋め立てたという歴史のある場所での液状化も見られたようなので、
たとえハザードマップで記述されなくとも不動産会社にその土地の歴史や前用途を確認する必要があります。