アーカイブ : 2010年 9月

道路と土地

住宅を建てるために不動産物件の土地を探しますが、土地を探している際の土地に求める希望条件などが土地の広さであったり日当たりや方角などだと思います。
しかし土地探しの際にもう一つ気にしてほしいポイントがあります。
それは土地に接している道路についです。
なぜ土地に接する道路を気にしてほしいかというと新築で住宅を建てる際に全面に接している道路は建築基準法上4メートル以上の道路に、2メートル以上接している事を定められているからです。
不動産物件の土地を探していると物件の価格は安いが道路がない未開発の土地だったり、大きな敷地を分筆しなければならない物件を見つけたり不動産会社から紹介されたりすることがあると思います。
未開発だったり分筆が必要だったりする場合はその土地が道路に接するように新たな道路を作らなければいけません。
そうしなければその土地を住宅の建設用地にできないことがあるのです。
このような場合に道路境界を明確にするため建築基準法による位置指定道路の申請書を出さなければいけません。
位置指定道路の条件として道路の幅が4m以上であることと道路の境界が明確であることまた原則として通り抜け道路であることなど様々な条件が付されます。
そして位置指定道路には所有権が発生します。
一般的にはお隣同士で土地を少しづつ出し合ってお互いに道路として使うことを決定し、位置指定道路としての申請をしなければいけません。
または大きい敷地に位置指定道路を作って向かい合った形に建物を建てることになります。建物の立替や前面道路の使用には所有者全員の承諾が必要となります。
道路の所有権に関しては周辺の利害が絡むため揉めることがあります。
この様な事があるため新築で注文住宅を建てるなどのために土地を探す際は道路事情に関しても気を停めておきましょう。