居心地のいい洗面室

住宅の中でリビングを重視する人は恐らく全員と言っても過言ではないでしょう。しかしこのリビングと同じくらい重要視されているのが洗面室です。洗面室は、家族みんなの使用頻度が高いので、生活をする上でも重要ですし、洗濯機を設置することから家事をする上でも重要な空間なのです。生活を送りやすく、また家事もしやすい家を手に入れるには洗面室の重要性は外せないのです。

今までは洗面室の広さは1坪が一般的でした。しかし最近では1坪以上の広さに余裕のある洗面室が設けられることが増えてきました。洗面室の広さを確保することで、大きさのある洗面台を設置することができます。朝身支度を行う時間帯は、洗面室が取り合いのような状況になっていませんか。大きさのある洗面台があれば家族が二人並んで歯磨きをしたり、ヘアセットを行ったりすることができます。自分のいい時間にスムーズに身支度が行える洗面室であれば、洗面室の満足度も高まります。

洗面室は身支度を行うだけでなく、手洗い、入浴の前後、洗濯など多目的に利用されます。多目的に利用される空間であるだけに収納しておきたいものも多い場所なのです。洗面室の広さに余裕があれば、収納スペースをしっかりと確保できます。タオル類はもちろんのこと、洗濯関連用品やシャンプーなどの在庫、家族の下着やパジャマまで洗面室に管理されていると便利です。洗面室で使用する物がきちんと管理できるように収納スペースをしっかりと設けておきましょう。またここに室内干しができるようにしたりする余裕があると家事の効率も高められます。リビングと同様に洗面室が重視されるのが納得できます。

リビング階段

最近住宅で多く取り入れられているリビング階段。このリビング階段にも2種類あり、階段がリビング内に存在するものと、階段の入り口がリビングに面しているだけのものです。我が家の新築住宅には後者のリビング階段を設けました。後者のリビング階段にしたのは、二階からの冷気の流れ込みが気になったからです。このタイプのリビング階段であれば階段の入り口に扉を設けて、冷気の流れ込みを止めることができます。

しかし二階からの冷気の流れ込みは、全く気になりません。これは住宅自体の断熱性と、熱の出入り口で一番大きな窓の断熱性と大きく関わってくるのです。これらの断熱性が低いと冷暖房効率を下げたり、冷気の流れ込みを感じやすくなってしまいます。しかし我が家はこれらの断熱性をしっかりと高めたことでリビング階段のデメリットと言われているこれらのことを全く感じず快適な暮らしを送っています。

前者のようにリビング内に階段が存在するリビング階段は、階段がリビングのインテリアの一つとして存在します。リビング内に階段があることで圧迫感を感じがちですが、スケルトン階段にして視界が奥に繋がり、明るさをしっかり通すことで閉鎖的な印象になるのを避けられるのです。このようなリビング階段にすることで階段下の活用法も今までとは違った活用法ができます。オープンシェルフにして見せる収納にしたり、階段下にカウンターを設けてパソコンスペースとしたり、階段一つで見た目の印象も活用法も変わってくるのです。階段に注目した家造りをしてみるのもいいのではないでしょうか。

中二階スペースのある家

我が家は現在新築住宅を建てようと前向きに検討しています。住宅へのイメージを沸かせるために、モデルハウスの見学へ行ったり、完成住宅会へ行っています。その中で私が大変気に入ったスペースがあります。それは階段途中を有効利用させた中二階スペースです。通常階段は、一階と二階を繋ぐ存在で、ただの通路という考えしかなかったのですが、その階段途中を利用して多目的に使用できる空間を得られるのでとても魅力的なスペースなのです。

リビング階段の途中に設けられた中二階スペースは、一階のLDKとの繋がりを感じることができながらも、ここを独立した空間として個人の時間を過ごすこともできるのです。子ども達が遊ぶスペースとして利用しても一階を覗けば親の顔が目に入ってくるので安心感が高まります。またLDKからこの中二階スペースへ目が届くようにすることで、キッチンで家事をしながら遊んでいる子どもの様子が確認できるので、家事と育児の両立がしやすくなります。

時にはここをパソコンスペースや旦那さんの書斎スペースとして利用させるのもいいでしょう。私は家事と育児の合間を縫ってパソコンを使い仕事をしています。子ども達に邪魔されることなく、仕事に集中できるスペースが以前から欲しいと思っていました。しかしまだ子どもが小さいためしっかりと子ども達にも目が届く環境でなくてはいけないのです。それを考慮してもこの中二階スペースは仕事スペースとして最適です。主人の希望でもある書斎スペースを兼用することで家族みんなが便利さを実感でき、住宅への満足度を高められるスペースとなるだけに我が家にもぜひ中二階スペースを設けたいと思っています。

ロボット掃除機の人気

ここ1~2年でロボット掃除機の人気が非常に高まっています。韓国やドイツ、アメリカなどでも新商品が発売されています。掃除機が自ら動いて部屋の掃除をしてくれる究極の時短家電です。共働きの忙しい世帯などで多く取り入れられるようになりました。家事の時短を望む主婦は非常に多いです。その希望を応えてくれるのがロボット掃除機なのです。

しかし発売当初は、部屋の隅々まできちんとゴミを吸ってくれるのか、しっかりと役に立ってくれるのかなど不信感を抱く人も多かったです。しかし口コミやメディアによりその実力が認められ、今では欲しい家電のトップとなっているほどです。段差や家具、壁など障害物を避ける機能や終了するときちんと戻る機能、指定した時間に運転を開始してくれるタイマー機能は標準的機能となりつつあります。

掃除機に一番求められることは、ゴミをしっかりキャッチしてきれいな室内にしてくれるかどうかです。そのため重要となってくるのが集塵能力です。集塵部分の仕組みが複雑になるほどしっかり集塵できる傾向があり、それに伴い高額にもなるのです。吸い込み口にブラシがなくダイレクトにホコリを吸う吸引のみのものは、凹凸のないフローリングなどの床材に有効的です。

吸い込み口に回転ブラシがあり、ブラシによりホコリをかきだし、かき込みながら集塵するタイプもあります。フローリングの溝やカーペットの奥に入り込んだホコリもしっかりかき出し、かき込むため集塵力は高いのです。本体や頭のサイドにはみ出してクルクル回るブラシがあるものもあります。
これが両サイドについていればどの方向に行ってもホコリをかき集められるので集塵効果は高くなるでしょう。これからも益々人気と高める家電と言えるのです。

玄関収納

玄関は住宅の顔とも言われる部分です。それだけに常にきれいでスッキリとした空間を維持したいものです。最近では玄関の横にシューズクロークの存在は欠かせません。最近では玄関スペースの広さよりもシューズクロークの収納量を重視する家庭も少なくありません。我が家の新築住宅にも玄関横にシューズクロークを設けました。シューズクロークと言っても靴や傘を収納するだけではありません。外で使用する物も収納しておける土間収納スペースも設けておくと玄関周りがスッキリと片付きます。

玄関周りに散らかりがちな子ども達の外用のおもちゃや三輪車、ベビーカーなどつい玄関やポーチ部分に置きっぱなしになりがちです。これらをシューズクロークの土間収納部分に収納するのです。外で使用して汚れたままの状態でもサッと収納することができるので土間収納は設けた方がいいと思います。天井にまで広がる可動オープン棚には家族の靴を大容量に収納しておくことができます。どこにどの靴があるかが一目で分かるのは嬉しいものです。

また我が家は旦那さんのゴルフ用品の収納場所に頭を悩ませていました。この玄関収納を設けたことでここにゴルフ用品を収納でき、ゴルフへ出かけるのも今までより格段に楽になったと言います。住宅の第一印象を決める玄関に物や靴が散らかると印象を台無しにしてしまいます。物や靴がきちんと片づけられるしょうに玄関収納を充実させることを優先して考えましょう。我が家はこの玄関収納から室内へ入れるように動線を確保しました。物や靴を片付けそのまま室内へスムーズに入れるので便利さを増しています。

和室に広縁

先日新築住宅が完成した友人宅へ遊びに行きました。その友人宅で私が気に入ったのが和室です。最近和室が一室もない住宅も増えてきましたし、和室のあり方も以前と比較すると大きく変化してきました。その友人宅の和室には広縁がり、シーンに合わせて和室と広縁の間に設けた建具で仕切ったり、オープンにしたりできるようになっていました。

広縁からはその先に広がる庭を眺められくつろげる空間となっていました。しかし実用性も兼ね備えているのです。天候の悪い日には、ここで洗濯物を干すスペースとして活用できるのです。家造りをする際に欠かせないものの一つでもある室内用の洗濯物干し場。これをこの広縁スペースを活用させており、くつろげる空間だけでなく家事への不満も解消してくれる和室となっていたのです。

この広縁を設けた理由は、自分のご両親がよく泊りにくるので、より落ち着いてリラックスできる宿泊ルームにしたいという思いからでした。その要望にしっかりと応えている和室となっていました。晴れた日は窓を開け放ちここでお茶を飲みながら庭との距離を縮めるのも最高です。自然と隣り合わせの時間を満喫できる特別な空間なのです。ウッドデッキとはまた違った楽しみ方ができ、和室ならではの奥ゆかしさも感じられました。

和室をどのように活用させるかで間取りも変わってきます。最近ではリビングに繋がった和室が多く、普段使いできる和室が人気となっています。この友人宅の和室を見て、我が家も家造りをする際にはぜひこの広縁のある和室を設けたいなと思いました。

造り付け家具

最近住宅に造り付け家具を取り入れる人は増えてきました。造り付け家具の魅力は、空間にピッタリの家具を取り付けることができることです。ぴったりのサイズにおさめることができることで、空間がスッキリとして、まとまりのある印象を与えてくれるのです。また自分好みのオンリーワン家具を手に入れることができるのです。

使用する素材や色味、収納スペースのサイズなど全てカスタマイズできることで、使い勝手がよく満足度の高い家具を手に入れることができるのです。リビングのテレビ台など壁面収納と一体化させ、収納を充実させたり、オープン棚にして見せる収納で空間を楽しんでみたりなど造り付け家具はその空間にぴったりの、また自分が一番好きなスタイルを取り入れられるのです。

デザイン性や収納力を充実させてくれるだけでなく、耐震性にも安心感があります。壁に家具を固定させた造りにすることで、突っ張り棒や金具などで固定をせずに、家具の倒れ込みや倒壊などを防止することができるのです。日本は地震大国です。日本各地で地震が起きています。地震に強い家にして、安心して暮らせる家はこれらかも益々求められることです。その一つとして造り付け家具も機能を発揮してくれるのです。

しかし造り付け家具は予算が割高になってしまいます。こだわればこだわるほど値も高くなってしまいます。最近では海外生産された置き型家具が非常に割安で購入できるだけに、予算面においてもじっくり検討する余地があるでしょう。また空間の印象を変えたくても模様替えなどできないのも忘れてはいけません。

二階で過ごす時間

子どもが小さい家庭では二階建て住宅を建てても、二階は寝る時しか過ごさないという家庭が多いのではないでしょうか。我が家の子ども達もまだ小さく、寝る時でさえ一階の和室で寝ています。子どもが成長するにつれ二階で過ごす時間も増えていくのですが、それまで二階はほとんど使わないというのでは空間がもったいありません。

そこで我が家は二階で過ごす時間も大切にしたいと考えました。階段を上がった先のホール部分を広めに確保して多目的に使用できるスペースを設けたのです。現在はここに子どものおもちゃを置いています。このスペースは吹き抜けに面して設けられているため、子ども達だけでここを遊んでいても声や気配を感じられるため安心できます。ここを子どもの遊ぶスペースにしたことで、リビングにおもちゃが散らかるのを防ぐことにも繋がっています。

ここにはカウンターを設けました。子ども達が成長すればここをスタディーコーナーとして利用させることもできます。今は、主人が持ち帰りの仕事を行う際に利用しています。また時にはセカンドリビングとして家族がくつろぐ場所として過ごすこともできるのです。寝るまでの時間を一階のリビングではなく、二階のリビングで過ごすのです。寝室が近いため子ども達の寝かせつけもしやすくなります。趣味のある人はここを趣味スペースとして利用させてもいいと思います。二階ホールをただの通路としてしまうのではなく、多目的に使用できるスペースにすることで、二階で過ごす時間を大切にするようになるのです。

大手ハウスメーカーVS地元の工務店

家造りはまず業者を選ぶことから始まります。大手ハウスメーカーから地元の工務店まで合わせると数多くの業者が存在します。その中から一社を選び出すというのは簡単なことではありません。また住宅購入は金額が高額になるだけに失敗や後悔はしたくないのです。業者選びをしやすくするには、大手ハウスメーカーにするのか、工務店にするのかを決めることで選択肢が絞られてきます。それぞれの特徴を知り自分に最適の業者に依頼しましょう。

大手ハウスメーカーの特徴は、会社としての規模が大きく社会的ブランド力を持っています。モデルハウスやカタログ、サンプルなどから住宅へのイメージを沸かせやすくしてくれます。営業や設計、施工と各部門で人材がしっかり教育されているので、安心できます。しかしその反面、自社製品しか売ってくれませんし、商品が規格化のため自由にならない部分があるのです。CMなどでの宣伝やモデルハウス維持費などが坪単価に影響し価格が割高になるのです。利益第一で営業が少々強引と感じることもあるでしょう。

地元の工務店は自社利益を考えながらも建築主の希望や都合を最優先に考えてくれます。また地域での評判を大切にするため、施工はもちろんのこと引き渡し後のメンテナンスにおいても重要視してくれます。契約を行う会社と施工者が同一のため、責任の所在がはっきりしています。しかし世間一般的に会社規模が小さいため不安視する人もいるでしょう。洗練されたデザインの欠如を感じることもあるかもしれません。大手ハウスメーカーでも工務店にもメリットデメリットあるので、自分にはどちらが合っているかを見極めると業者選びがスムーズに進むと思います。

平屋住宅

最近では平屋住宅を見る機会が減ってきました。建ち並ぶ住宅のほとんどが二階建て住宅です。しかし還暦を迎えた私の両親は今だからこそ平屋住宅を終の棲家として過ごしたいと口にするようになりました。
二階建て住宅の二階は子ども部屋と寝室です。二階にトイレがないので、夜でもトイレへ行くには階段の行き来が強いられます。また巣立っていった子ども部屋は必要なくなりました。私の両親のように終の棲家として平屋住宅に憧れを抱く人は多いようです。

平屋住宅の最大の魅力は安全で暮らせる家になることです。住宅内のどの空間へ行くにも階段を要しません。住宅内の事故で多いのが、階段からの転倒や落下です。その危険を伴う階段がないことで、住宅内の安全性をグンと高められるのです。
また階段を設けることで生まれるデッドスペースを生まないので、空間を有効的に活用できるのも魅力の一つです。また部屋から部屋への動線をコンパクトにできるのも平屋住宅ならではです。段差なく動線をコンパクトにできることで、暮らしやすさにも繋がりますし、女性であれば家事動線に配慮することで家事の効率も高められるのです。

さらに家族が別々の空間で過ごしていても、互いの気配を近くに感じられるので安心してそれぞれの時間を過ごせるのではないでしょうか。平屋住宅は目の前に広がる庭をより身近に感じられます。庭の景観を大事にすることで、庭をきれいに保とうとする心がけにも繋がります。色鮮やかや木や花々を眺めて自然を感じられる家は終の棲家として最高です。
一つ気を付けておきたいのが防犯面です。私の両親の言葉で平屋住宅の魅力を再確認できたような気がします。